2018.1.1 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます

本年が皆様にとって良き年となりますようお祈り申し上げます。

PJA(一般社団法人ピロールジャパン)は今年で4年目を迎えました。藍藻(シアノバクテリア)を中心とした独立栄養微生物を増殖させ、カルシュウムをはじめとするミネラル分やビタミンがより多く含まれる米や野菜を作り出す藍藻農法(ピロール農法)を広く皆様に知っていただく周知活動やそのメカニズム探ることを主たる使命として活動を展開しています。

最近では、毎月出店しているマルシェを通じて野菜を買われたお客様から「野菜嫌いの子供が、ピロール野菜なら食べてくれます」とご連絡を頂き、定期的に野菜セットを購入したいというお話もありました。また「ピロール米を食べ始めてから骨粗しょう症が改善されているので続けて食べています」と数値をお知らせいただいた方、「このおいしい甘みのあるお米を食べたら他のが食べられなくなると」と毎月マルシェに買いに来てくださるお客様も増えました。

何故ピロール土壌でこうしたお米や野菜がとれるのか、その要因はしっかりと解明されてはいませんが、確実に家族やご自身の健康や体を気遣う方々、そして本物の野菜や米を味わいたい方々にピロール食材の良さが体感として伝わっているようです。

また、その良さの要因等も農業高校や大学等研究機関との連携により少しずつですが明らかにされ、栄養成分の比較やピロール土壌の微生物の分析、硝酸態窒素やシュウ酸の分析研究等も少しずつですが前進しています。

今年もピロール食材の良さを知っていただくため、またその良さを数値で示せるよう化学的・生物学的な研究分析を推進しながら、より一層周知活動に努めてまいります。

本年もご指導ご鞭撻とご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

平成30年 戊戌 1月 元旦